毎月12日はわんにゃんの日!猫との思い出を語る!

ど~も、大学からバドミントンを始めた、後発組バドミントンプレーヤーのきたじ~(@kitaji_minton)です!

 

今日は1/12。

今朝も僕の住む岩手では雪が積もり、

外ではわんちゃんが雪を見て、はしゃぎながら足跡をつけているように感じました。
(僕の勝手な解釈かもしれません笑)

それにしても動物ってかわいいというか癒されますよね。

『犬派vs猫派論争』なんてものもよく起きますが、僕は猫派です。

あの自由気ままに生きている無邪気さがとても僕を癒してくれます。

なんで犬や猫の話題を出したのかというと、毎月12日は『わんにゃんの日』・・・そう、本日1/12は『わんにゃんの日』だからなのです~!

せっかくのわんにゃんの日なので、今日はその由来と、僕の猫との思い出を書いていきたいと思います。

 

わんにゃんの日とは?

毎月12日がわんにゃんの日なのですが、

1→わん、2→にゃん、という語呂合わせでわんにゃんの日と制定されました。

 

制定したのは「パシャッとmyペット」というペット写真共有SNSを運営していた、株式会社サイバーエージェントさんという会社です。

サイバーエージェントさんってAmebaを運営している会社ですよね!?

今はサービス終了してしまいましたが、ペット写真用のSNSまで運営していたのには驚きです。

毎月12日には動物愛護関連団体への寄付を呼びかけるといった活動を行っていたようですね。

 

『活動を行っていた』と過去形なのは、

このわんにゃんの日という記念日が、一般社団法人・日本記念日協会により認定され、登録されていたのですが、その後、登録は終了しているということが分かったからです。

2019年の4月時点では認定記念日としては確認できないので、

現在は正式な記念日とは認定されていないんですね。。。

猫との思い出

『なんだ、わんにゃんの日ってもう正式な記念日にはなってないんかい』

ということが調べてから分かってしまいました。

 

でもせっかくわんちゃん・にゃんちゃんのためにできた記念日なんだもの。

正式にとか関係なしに、毎月12日は『わんにゃんの日』ってことにして、かわいいペットたちがどうやったらもっと幸せになるのか?考えてみたりするのもいいかもしれませんね。

なにより僕がもう猫との思い出を書きたくてしょうがなくなってきたので、このままいきたいと思います(笑)

 

僕は現在は猫は買っていないんですが、

子供の頃に親戚が長期不在のたびにちょくちょく猫を預かっていました。

『サム』っていうんですけど、この子が超かわいい&食いしん坊でして。

 

そこそこのおじいちゃん猫だったので、普段からあんまり動かず、体はぽっちゃりしてました。

ソファーとからだらぁと寝そべってあくびをしている姿にとっても癒されてましたね。

 

普段はゆっくり動くサムですが、ご飯を準備する音が聞こえると、

『シュババババ~』

と忍者のような俊敏さを発揮します(笑)

 

そして一瞬でご飯をたいらげてこっちをチラッと見て

『おかわりはぁ~』

という顔をします( ^)o(^ )

 

かわいくて仕方ないんですけど、与えすぎても太っちゃうので我慢させると

『にゃー・・・』

と、いつもより細い声で鳴くというかなりの食いしん坊・・・いや演技派でした(笑)

 

猫用のご飯が入っているスーパーの袋に顔を突っ込もうとして

袋の持ち手の輪っかに顔がハマって抜けなくてパニックになってたこともありました(笑)

 

そんなサムが、ある日家から逃げ出してしまいました。

父親がふと部屋の窓を開けてしまい、そこからすかさず飛び出してしまったのです。
『お父さん、なにやってるの・・・』

 

慌ててサムを探すきたじ~家ですが、全然見当たりません。

 

それから半日が経ってもサムは見つからず、

『誘拐されてないか』『車に轢かれてないか』

不安がどんどん大きくなる。

 

サムへの心配と預かっていた猫を逃がしてしまったという罪悪感を感じながら夕方になってしまいました。

 

半ば諦めかけていたのですが、

ダメもとでサムの夕ご飯を窓際に置いてみました。

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・

『シュババババー』

帰ってきました(笑)

 

近くを散歩してただけだったのかな?

散々帰ってこなかったのに、ご飯で一瞬で戻ってくる食いしん坊サムちゃんだったのでした。

めでたしめでたし。

 

ということで今日は12日、わんにゃんの日にちなんで

僕と猫との思い出をお届けさせていただきました~!

 

あなたも、もしわんちゃんやにゃんちゃんとの思い出なんかがあれば、

ぜひコメントなどで教えてもらえると嬉しいです。

それでは今回はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ツイッターでもバドミントンに関するお役立ち情報をリアルタイムで発信していますので、バドミントン好きのそこのあなた、ぜひつながりましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です