川上紗恵奈のオルレアンマスターズ2019結果!強敵との対戦が凄い

ど~も、大学からバドミントンを始めた、後発組バドミントンプレーヤーのきたじ~(@kitaji_minton)です!

2019319日~2019324にフランスのオルレアンで開催されたオルレアンマスターズ2019

日本からも数人の選手達が参戦しました。

その中で、北都銀行の川上紗恵奈選手が女子シングルスで熱い戦いを繰り広げたようです。

そこで今回は、『川上紗恵奈のオルレアンマスターズ2019結果!強敵との対戦が凄い』と題しまして、川上紗恵奈選手のオルレアンマスターズ2019の結果と、強敵との対戦についてお伝えしていきたいと思います。

川上紗恵奈のオルレアンマスターズ2019結果!

それでは早速川上紗恵奈選手のオルレアンマスターズ2019の結果についてお伝えします。

1回戦

川上紗恵奈(日本)2-0 ZHONG Isabel(アメリカ)

21-10

21-8

1回戦の対戦相手はアメリカ選手。

川上選手は初戦もとても落ち着いたゲーム運びで見事ストレート勝利をおさめました。

2回戦

川上紗恵奈(日本)2-0 BURANAPRASERTSUK Porntip(タイ)

21-18

21-11

2回戦の対戦相手はタイ選手。

第1ゲームは相手にリードを許しつつも、中盤以降で巻き返しこのゲームを取ります。

1ゲーム目を巻き返せた勢いもあってそのままストレートで勝利しました!

準々決勝

川上紗恵奈(日本)2-0 KUUBA Kristin(エストニア)

21-7

21-14

準々決勝の対戦相手はエストニア選手。

川上選手の勢いは止まらず、しっかりとストレートで勝ち上がります。

準決勝

川上紗恵奈(日本)2-0 SUNG Shuo Yun(チャイニーズ・タイペイ)

21-15

21-13

準決勝の対戦相手はチャイニーズ・タイペイ選手。

ここまで対戦してくると疲労が溜まってきてもおかしくない中、常にリードを保ちながらの、ストレート勝ち

う〜ん、強い。

決勝

川上紗恵奈(日本)2-1 GILMOUR Kirsty(スコットランド)

21-8

18-21

21-16

決勝の相手はスコットランド選手。

ファイナルゲームまでもつれ込んだ結果、川上選手は2-1でギリギリの戦いを制しました。

ということで見事川上紗恵奈選手、優勝です!

川上選手、おめでとうございます〜!!

強敵との対戦が凄い!

さて、オルレアンマスターズ2019で川上紗恵奈選手は、強敵となる海外選手達に勝利しての優勝となりました。

その中でも特に、決勝戦の対戦相手である第1シードのスコットランドのギルモア選手世界ランキング28位(オルレアンマスターズ2019開催時点)の強敵でした。

川上選手はその時点での世界ランキングでは35位でしたので、格上のと対戦ということですね。

格上の強敵相手ゆえに、決勝戦はどちらが勝ってもおかしくないほど激しい対戦となりました。

1ゲーム目は川上選手が序盤のリードを上手く利用して21-8ととても良いスタートを切りました。

え、このまま優勝できるのでは?と思うきたじ~でしたが、流石は格上のルモア選手でした。

2ゲーム目はギルモア選手が川上選手の立ち上がりのミスや自滅点を見逃すことなくついてきました。

川上選手も食らいついたものの、18-21で2ゲーム目はギルモア選手が取ります。

勝負の行方はファイナルゲームに委ねられました。

ファイナルゲームでは序盤で川上選手がギルモア選手に5点リードされる場面がありました。

7-12まで離された時には、さすがにもうだめかと思いましたが川上選手は諦めずに粘って13-13まで追いつきます。

そこから終盤にかけては川上選手がしっかりと逃げ切り、21-16で逆転勝利を飾りました。

第1シードで世界ランキング的にも格上である強敵ギルモア選手に対して、川上選手は苦しみながらもしっかりと勝ち切りました。

この経験は川上選手をさらに成長させてくれることでしょう。

まとめ

今回は、『川上紗恵奈のオルレアンマスターズ2019結果!強敵との対戦が凄い』と題しまして、川上紗恵奈選手のオルレアンマスターズ2019の結果と、強敵との対戦についてお伝えさせていただきました。

川上紗恵奈選手は見事オルレアンマスターズ2019で優勝という輝かしい成績を残しました。

しかも決勝では、自分よりも世界ランキングが格上の強敵な選手に臆することなく、堂々たる戦いぶりで激戦を制しての優勝を果たしてくれました。

日本のB代表から海外の大会で優勝者がでるというのは日本のレベルが上がっていることを実感できて本当に嬉しいですね。

海外の大会と言えば、2019年3月17日~2019年3月25日に香港で開催された第2回アジア混合団体選手権2019でも日本チームは準優勝という成績を残しました。

【関連記事】>>>渡辺勇大&東野有紗|アジア混合団体選手権2019の結果と様子! 

これだけ立て続けに海外の大会で上位を狙えるようになってきた日本の実力であれば、東京オリンピックの金メダルも狙えるのではないでしょうか?

これからの日本のバドミントン界の成長を楽しみしてるきたじ~なのでした。

それでは今回はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ツイッターでもバドミントンに関するお役立ち情報をリアルタイムで発信していますので、バドミントン好きのそこのあなた、ぜひつながりましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です