バドミントンダブルスのコツとは?勝つための練習方法を紹介!!

ど~も、大学からバドミントンを始めた、後発組バドミントンプレーヤーのきたじ~(@kitaji_minton)です!

 

友達とダブルスを組んだはいいけど勝つことができない!!

シングルスはうまくいくのにダブルスになると全然勝てない

普段は息が合うのに、仲はいいのに、バドミントンになると点で息が合わない

こんな経験はないでしょうか???

ダブルスで負けたり息が合わないのには原因があるのです!!

その原因を理解し改善することで試合に勝つことができるようになりスムーズな連携ができるようになります。

バドミントンダブルスのコツとは?勝つための練習方法を紹介!!と題しまして、バドミントンダブルスのコツ勝つための練習方法についてお伝えしたいと思います。

この記事を読んでいただくことで、息が合わないダブルスとはおさらばして、プロ顔負けの連携ができるようになってもらえればと思いながら書いていきますね。

スムーズな連携ができるようになれば、今以上にバドミントンで勝てるようになり楽しくなりますので是非是非自分のものにしてください。

バドミントンダブルスのコツとは?

ダブルスの連携ができない理由には必ず理由があります。

 

ここでは、僕の考えるダブルスのコツを2つ紹介します。

ダブルスのポジション

え・・・ダブルスにポジションなんてあるの?と思いませんでしたか?実はあるんです!!それは、トップアンドバックとサイドバイサイドです。

トップアンドバックとは

二人がコートの前後に立つ攻撃の基本姿勢です。

後ろの選手はスマッシュやドロップで相手を攻めるのが仕事で、前の選手はネット手前のショットを相手に取りづらくするのが仕事です。

このポジションの時は自分たちが攻撃側なのでこのポジションをなるべく保てるようにしましょう。

前、後ろどちらもできるようにしておくといいと思います。

サイドバイサイドについて

二人がコートの中央らへんで横並びになるポジションです。

こちらは、守備に力を入れたポジションです。

攻撃の状態からシャトルを上げてしまった場合早急に横並びになりましょう。

サイドバイサイドの時はなるべく早くトップアンドバックに戻りたいので手にとって返しにくい位置を狙ったりなど工夫しましょう。

 

声掛け

二つ目は声掛けです

声掛けなんていつもしてるよ!!と思った人も多いと思います。ですがこれ滅茶苦茶重要でなんです。間に来たシャトルをどちらが打つか、一緒にシャトルを取りに行っては意味がありません。よく使う言葉として「ガンバ」、「ok」、「任せろ」などがあります。

ただ声を出すのではなく大きい声でハッキリと伝えましょう。

そしてなるべく早く声掛けをしましょう。ゆっくりしていては意味がありません。

この二つは頭に入れておきましょう。

ダブルスで勝つための練習方法

普段から練習はやってるんだよ???分かります。この記事を見に来てる時点であなたは偉いです。変わりましょう!!

ノック

まず前置きとして、ただ何となくだらだらやっていませんか?来たシャトルをただ返さずコースを狙いましょう。

ノックでは、前の左、右、後ろの左、右とシャトルを隅に打ってもらいましょう。

打つときは、どのコースを狙うかはっきりさせましょう。

はじめはミスが多くなると思いますが気にせず狙っていきましょう。

攻守の切り替え

当たり前ですが試合では攻守が目まぐるしく入れ替わります。そんな時もたついてしまうとあっという間に点を取られてしまいます。ですので攻守の切り替えをよく練習しておきましょう。

ノックの時に中央あたりに来たら前後を入れ替わりましょう。また、サイドバイサイドからトップアンドバックに、トップアンドバックからサイドバイサイドに入れ替わる練習ができるといいと思います。

中央を狙おう!!!

真ん中狙ったら取られんじゃん!そう思った人も多いと思います。

実は、ダブルスでは、狙い目なんです!!ダブルスはシングルスと違い2人です。息が合っていても二人の間は取りにくく、とれたとしても中途半端なショットが来たり、相手の体勢が崩れるので次で決めることもできます。そして真ん中に意識が言ってると感じたら左右に打ったり手前や奥を狙うのも効果的です。

これをなるべく練習から意識してやっていくと試合でも自然にできるようになります。

 

以上のことを頭に入れて頑張りましょう!!!

あなたならやればできるはずです。一緒に頑張りましょう。

 

それでは今回はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ツイッターでもバドミントンに関するお役立ち情報をリアルタイムで発信していますので、バドミントン好きのそこのあなた、ぜひつながりましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です