バドミントンシューズの選び方!サイズを調べる時の注意点を解説!

ど〜も、きたじ〜です!

バドミントンをする上でなくてはならない物・・・それはシューズです。

シューズはバドミントンの練習や試合をする度に毎回履くことになるかと思います。

それだけ使用頻度の多いシューズゆえに、しっかりとサイズや履き心地があなたに合ったものを選んでおきたいですよね?

そこで今回は、『バドミントンシューズの選び方!サイズを調べる時の注意点を解説!』と題しまして、バドミントンシューズの選び方と、サイズを選ぶ時の注意点をお話ししていこうと思います。

バドミントンシューズの選び方!

バドミントンシューズの選び方のポイントとしては、

  • サイズ
  • クッション性
  • グリップ力

の3つのポイントを押さえていただけると良いかと思います。

サイズ

サイズは、シューズを選ぶ上で1番大切といっても過言ではないでしょう。

バドミントンシューズを選ぶ時というのは、だいたいの方が普段履いている靴のサイズと近いものを選ぶかと思います。

しかし、バドミントンシューズはメーカーによって普通の靴のサイズより小さめに作られてたり大きめに作られてたりするのです。

なのでいつもの靴とはちょっとサイズ感が違うという認識であなたの足にピッタリのサイズを選ぶ必要があります。

詳しくは後半で説明しますが、サイズは大きすぎても小さすぎてもいけません。

小さすぎてつま先が痛くなったり、大きすぎて足が靴の中でズレてしまって足を痛めたりするからです。

僕自身、お金がなくてサイズの合わない靴を我慢して履き続けてた時期がありました。

その結果足の親指の爪が剥がれることに。

これが地味に痛くて辛い日々でした・・・

なのでしっかりとサイズが合うものを選ぶようにしてくださいね。

クッション性

シューズのクッション性というのもとても大切になってきます。

クッション性が良いシューズを履くと、足が疲れにくいです。

クッション性が良くないシューズを履いていると、踏み込んだ時の足の衝撃がもろに膝や腰などあなたの身体に負荷をかけてしまうんです。

その負荷というのはどんどん蓄積していき、あなたの身体を疲れさせてしまいます。

最近のバドミントンシューズはクッション性の高いものが販売されているので、一度お店でクッション性を体感してみると良いかと思います。

また、クッション性を上げるインソールというアイテムもあります。

靴の中に入れる靴べらのようなものですね。

このインソールをシューズに入れることでクッション性をさらに上げることができるので、シューズを購入する際は、一緒に検討してみるのもいいでしょう。

グリップ力

バドミントンはとにかくフットワークで止まる→動くという動作が多いです。

前後左右に何度も動かなければならないのでしっかりと止まれるグリップ力がシューズに備わっていないといけません。

こちらも今現在のメーカーから出ているものであれば問題ないかと思います。

しかし、お店で試着できるのであれば、グリップ力がしっかりと効くか履いてみるといいでしょう。

グリップの効かなくなったシューズを履いていると、滑って転んだり怪我をしてしまう可能性があります。

なのでもし今のシューズが滑りやすいのでしたら、早めにグリップの効く新品シューズを交換することを強くおすすめします。

サイズを調べる時の注意点!

先ほどのバドミントンシューズの選び方の3つのポイントの1つにサイズがありました。

ここでは、サイズを調べる際に注意しておかなければならない点をお伝えしていきます。

バドミントンのシューズのサイズを調べる時に強くおすすめしたいのは、まずはお店で試着してみるということです。

自分の普段履いている靴が27センチだからバドミントンシューズも27センチでいいやという安易な考えで購入するのは危険です。

なぜなら前半でもお伝えしましたが、バドミントンシューズの大きさは普通の靴とは少し異なるサイズ感でできてることがあるからです。

通常の靴は27センチといったような縦のサイズを見ると思いますが、バドミントンシューズには横幅のサイズというものもあります。

縦のサイズが合っていても、横幅が大きくて余裕があると、シューズの中で足が動いてしまうのです。

こうなると動くたびに親指がシューズの先に当たり爪を痛める原因になってしまいます。

この横幅に関しては、実際に履いてみて適度に締め付け感があるものを選んだ方が良いかと思いますよ。

サイズを選ぶ際は、縦幅の他に横幅にも注意しながら試着して決めることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、『バドミントンシューズの選び方!サイズを調べる時の注意点を解説!』と題しまして、バドミントンシューズの選び方と、サイズを選ぶ時の注意点をお話しさせていただきました。

使用頻度の多い道具なので、シューズ選びは妥協せずにやりたいところです。

何度も言いますが、シューズを決める際はお店での試着をおすすめします。

僕もよく行くスポーツ店の店長さんにおすすめのシューズを聞きながら試着させてもらうことが多いです。

お店で試着してネットで安く買うといったこともできますよ。

ぜひあなたのお気に入りの一足を見つけちゃいましょう。

それでは今回はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【合わせて読みたい記事】

ウェーブファングゼロの口コミ・評価!履き心地やフィット感も調査!

脱初心者のための バドミントン上達講座

バドミントンが上達して、 試合で勝てるようになり、 バドミントンがより楽しくなる 脱初心者のためのメルマガ、始動!
きたじ~からのお知らせ

脱初心者のための
バドミントン上達講座

    バドミントンが上達して、

    試合で勝てるようになり、

    バドミントンがより楽しくなる

    脱初心者のためのメルマガ、始動!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です