バドミントンのリバースカットの打ち方とコツ!練習方法も紹介!

ど~も、大学からバドミントンを始めた、後発組バドミントンプレーヤーのきたじ~(@kitaji_minton)です!

 

バドミントンを始めてある程度上達してきてスマッシュやドロップだけでは物足りない!

 

プロの選手のように様々な技を使ってみたい!

 

カットを練習してある程度できるようになった!

 

しかしフォア側からのカットは出来るがラウンド側からだと難しい…

 

そんなあなたにリバースカットの打ち方とコツを教えます!

 

僕は元々相手からのカットを取ることが苦手で、さらに、自分でカットを打つことも苦手でした。

 

何度もあのカットにやられた…自分も打ちたい、そう思っていました。

 

初めは練習をしても上手くいかず、カットどころか面を縦にしすぎてラケットに当たらないことや変なとこに飛んでいくことも。

 

そんな僕でも研究を重ねたり、先輩に聞いたり、動画を見てまた練習したりを繰り返し、できるようになりました!

自分が打てるようになると自然と相手の打つカットにも反応ができるようにもなってきていました。一石二鳥ですね!

是非コツを掴んで打てるようになってみてください!

バドミントンのリバースカットの打ち方とコツ

力ではなく技

ドロップともスマッシュともまた少し違い、素早く鋭く相手のコート前へ落とす。そんな打ち方のため、力んでしまうとしっかりと面を捉えることができずに変なところへ行ってしまいます。また、力を抜きすぎるとドロップのような弾道になり、鋭さが無くなります。

 

ではどうしたら良いのか!

力を入れるというよりは、「素早く振る!」というイメージで打つ!ということです。

 

コースを打ち分けるにも必要になるためとても重要なことです。特にリバースカットは手首もうまく使う必要があるため、力んでしまうとコントロールが効きません。

 

次はその重要な手首について説明します。

 

丸型のドアノブをひねる!

どーゆーことだ?!って思ったかもしれません。しかし、これが意外とコツだったりするんです。(笑)

では、噛み砕いて説明します。

 

フォア側のカットと異なる点は、フォア側はラケットの面を少し斜めにしてスイングするだけでカットが打つことができるのに対し、ラウンド側は打つ瞬間に手首を回すことが必要な点です。

 

リバースカットでは打つ瞬間に手首を外側に少し回した状態でいつものようにスイングします。そのイメージとして上でドアノブを回すように打つと綺麗にスピンがかかり鋭いリバースカットを打つことができます。

 

なぜひねって打つとスピンがかかるのか。それは手首を回すとシャトルの内側を面で擦るように打つことができるため、回転が増してスピンがかかります。

 

では次は練習方法をいくつか挙げてみます!

 

リバースカットの練習方法

ただひたすら適当に練習をしてもなかなか上達しないのがバドミントンの難しさであり面白さですね!

 

コツを意識して練習

まずは上記で述べたコツを意識して練習をしてみましょう!普段通りのスイングをすることが大事なため、体勢が崩れないように、打ちやすいように打つことが大切です。

 

初めは自分の上にロブを上げてもらい、リバースカットのみ打ちます。ビデオに撮ったり他の人の意見を聞くのもとても良いです!コツを掴めばすぐだと思うので打つことだけに集中して練習をしてみましょう!

 

次に少し打てるようになってきたら次は技として使えるように練習をしていきたいですよね!

 

コース狙いをできるように!

リバースカットではラウンド側から対角に向かって打つことが楽なので、まずはラウンド側からフォア側へ対角に打っていきます。この練習も出来るだけ軽いフットワーク程度にして打ち方を体に覚えさせていきます。

 

ネットの上に目印となる物を置いて当てる、打ちたいところへ筒などを置いて目標を作ると狙いやすくなります。

 

コースを狙えるようになってきたら技として使えるようになります。

ただ動きながら打つとまたタイミングや体勢が難しく打てないことも出てくるかもしれません。ですが、技としては習得しているため、使えるようになるまではそこまで苦戦しないと思います!

 

フットワークと共に練習

ここからは足を動かしていきましょう!

初めは前でヘアピン、後ろでリバースカットという前後のフットワークと共に練習をしましょう。次は後ろV字でリバースカットとフォア側ではカットor他の球を打ちます。だんだんと全面での練習に移していき自分の良い体勢で打てるようにしましょう。

 

安定したリバースカットを打てるようになったらさまざまな球を打ちつつたまに打つように相手のタイミングをずらして打てるようにして試合にも活かしてリバースカットという新たな楽しみを作ってバドミントンを楽しみましょう!!

 

それでは今回はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ツイッターでもバドミントンに関するお役立ち情報をリアルタイムで発信していますので、バドミントン好きのそこのあなた、ぜひつながりましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です