バドミントンのシングルスのコツ!試合で勝てる戦術を紹介!

ど~も、きたじ~です!

あなたはバドミントンのシングルスをやったことがありますか?

社会人になるとダブルスの試合がメインになるため、なかなかシングルスをやる機会というのは少ないかと思います。

なのでシングルスってどうやって動いたら良いのか分からないといった社会人の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

社会人でもシングルスの大会というのもありますが、いざ出ることになってもシングルスの動き方が分からないと不安ですよね。

何かコツはないのかな?と思われる方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、バドミントンのシングルスのコツと、試合で勝てる戦術を紹介したいと思います。

バドミントンのシングルスのコツ!

バドミントンのシングルスのコツについてお伝え致します。

ダブルスとシングルスの大きな違いは、1人で戦うか2人で戦うかという違いです。

当たり前なことを言ってしまいましたが、2人で戦えるダブルスに比べて1人で戦わなければならないシングルスでは、とにかくコートを動き回らなければいけません。

そこでシングルスのコツは、動き出しを速くするということです。

1人でコートを守らなければならないということはコートの端から端まで移動することが多くなってきます。

ということは自分がシャトルを打ってからすぐに動き出すことが必要になってくるのです。

動き出し=スタートダッシュだと思ってください。

スタートダッシュが速ければ速いほど、端から端まで走った時にはやく追いつけますよね?

はやくシャトルに追いつくことで、少しでも余裕を持ってショットを打てるようになれば、今度はこちらが相手を動かせるようになって有利に試合を進めることができます。

なので動き出しを速くしましょう。

動き出しを速くするためには、相手がショットを打つ直前にリアクションステップをすることが大切になってきます。

リアクションステップとは、相手がショットを打つ直前に一瞬重心を落としてその地面からの反動で初動を速くするという技術です。

イメージとしては、ジャンプをする時って一瞬しゃがみますよね?そのしゃがむ動作を小さくして(膝が軽く曲がるくらい)、その動作を一瞬で行うイメージですね。

この時、脱力してから重心を落とすようにしてください。

脱力してから瞬間的に重心を落とすことでその反動による動き出しが速くなります。

このリアクションステップをマスターすることでフットワークがスムーズになり、コートを動き回る速度がアップしますので,シングルスではとても大切な技術として覚えておきましょう。

こちらの記事で、リアクションステップの練習方法についても紹介してますので参考にしてみてくださいね。

【参考記事】>>>バドミントンのフットワークが遅い原因は?解決策と練習方法も紹介!

また、動き出しを速くするためにもう1点補足すると、自分がショットを打ってから自分のショットを目で追わないということも覚えておいてください。

よく、自分が打ってからそのショットがどこに飛んでいくか最後まで目で追ってから次の動作に入るがいますが、それは動き出しを遅くする原因になってしまいます。

あなたが目でシャトルを追おうが追うまいが、シャトルは飛んでいくので自分がシャトルを打ったらだいたいは自分の想定するコースに飛んで行ったと仮定してすぐに次の動きに備えてください。

自分が打ってからそのシャトルを見るのは打った瞬間の一瞬だけでいいです。

目で自分が打ったシャトルを追い続けるのをやめるだけでもだいぶ動き出しが変わると思うのでぜひトライしてみてくださいね。

試合で勝てる戦術

シングルスのコツについて理解していただいたところで、ここからはシングルスの試合て勝つための戦術をお伝えしますね。

シングルスの試合で勝つために有効なのは、コートを広く使って相手を動かすという戦術です。

シングルスでは何も考えずに強いショットをバンバン相手に打っていてもなかなか勝つことは難しいでしょう。

ではどうしたらよいのかというと、相手を動かせばいいんです。

バドミントンのシングルスのコートをフルに活用して、相手選手を前後、左右に動かすように配球しましょう。

特に人間というのは左右の動きよりも前後の動きに弱いので前後に動かすのはかなりよい戦術といえますね。

さらに、コートの4隅を狙うのも相手を大きく動かせるのでかなり有効となります。

4隅を狙うときに僕がおすすめする戦術は、対角線上に隅を狙うという戦術です。

右前の隅に落とした後に、左後ろの隅に相手を動かすことができれば、対角線上に相手を動かすことになります。

対角線に動くというのは相手が動かなければいけない距離が最も長くなるので、相手をより動かしスタミナを奪うこともできるのです。

シングルスは1人でとにかくコートを動き回らなければならないので、スタミナが重要になってきます。

大きく相手を動かし続けることで、後半に相手のスタミナ切れを狙こともできるので、一石二鳥のおすすめ戦術と言えますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、バドミントンのシングルスのコツと、試合で勝てる戦術を紹介させていただきました。

ダブルスの試合に比べるとあまりやる機会がないかもしれないシングルスですが、コート上戦うのは自分自身であり、試合の結果はすべて自分の責任になります。

自分の実力不足でシングルスの試合で悔しい思いをしないためにも、今回の記事でお伝えしたコツと戦術をしっかり実践して、試合で勝てるようになってくださいね。

『豆の木』さんという、後発組ながらも全日本実業団経験のある方がシングルスで狙う場所についての記事を書いてくださりました。

とても参考になるのでぜひ読んでみてください。

【参考記事】>>>バドミントンのシングルスで狙う場所は?相手の崩し方を覚えよう!

 

それでは今回はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ツイッターでもバドミントンに関するお役立ち情報をリアルタイムで発信していますので、バドミントン好きのそこのあなた、ぜひつながりましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です