バドミントンで打つ瞬間に相手を見る必要はある?観察のコツを解説!

ど~も、大学からバドミントンを始めた後発組バドミントンプレーヤーのきたじ~です!

バドミントンをやっていて、「相手をよく見ろ」とか「打つ瞬間に相手を見ろ」などとア
ドバイスされたことはありませんか?

昔の僕のように大学や社会人で始めたてのバドミントンプレーヤーは、相手を見ろといわ
れてもなかなか相手を見る余裕なんてありません。

  • ましてや打つ瞬間に見るなんてできなさそう・・・
  • そもそも打つ瞬間に相手を見る必要なんてあるのか・・・
  • 相手を観察するコツとかあればなぁ・・・

そんな不安を抱くかと思います。

そこで今回は、『バドミントンで打つ瞬間に相手を見る必要はある?観察のコツを解説
!』と題しまして、バドミントンで打つ瞬間に相手を見ることの必要性相手を観察する
コツについてお伝えしていきますね。

特に、僕のように大学や社会人からバドミントンを始めたような方に意識していただきた
い内容を書いていきますので最後まで読んでいただきたいと思います。

バドミントンで打つ瞬間に相手を見る必要はある?

バドミントンで打つ瞬間というのは、「相手が打つ瞬間」「自分が打つ瞬間(直前)」
2パターンあると思います。

バドミントンで打つ瞬間に相手を見る必要はあるのでしょうか?

僕の答えは、ズバリ必要あります

なぜかというと、より多くの情報を入手することで予測が立てやすくなったり、相手の意
識してないコースにショットを打てるからです。

相手が打つ瞬間に相手を見ることができれば、どこに打ってくるかある程度予測が立て
やすくなり、試合を有利に運ぶことができますよね。

自分が打つ瞬間に相手を見ることができれば、相手が意識していなさそうなコースにシ
ョットを打てるので、相手の体勢を崩せたりノータッチで決めれたりと有利になります。

僕のような後発組のプレーヤーは技術の面で昔からやってる経験者には劣りがちなので、
こういった予測やコースなどで少しでも試合を有利に運ぶことが勝つためには大切となっ
てくるのです。

バドミントンで相手を観察するコツ!

相手を見ることの必要性がわかっていただけたかと思いますので、ここからはバドミント
ンで自分や相手が打つ瞬間に、相手を観察するコツについてお話していきます。

相手が打つ瞬間に観察するコツ

相手が打つ瞬間には、どういった点に注意しながら観察したらよいのでしょうか。

自分が打ってから相手が打つまでの時間は意外とあります。

まずは自分が打ったらすぐにシャトルではなく相手選手を見るようにしましょう。

よく自分が打ったシャトルを目で追って、ある程度どこに飛んでいくか見えてから相手を
見る人がいますが、遅すぎます。

シャトルは打ったらもうどこに飛んでいくかは決まっているので、そのシャトルを見たか
らといってコースが変わることはありません。

そのシャトルを見ている無駄な時間を少しでも相手を見る時間に使うことがコツになりま
す。

単純に相手を観察する時間が増えるので情報をより多く拾えますからね。

そして相手が打つ瞬間には、相手の体勢・目線・フォーム・身体の向き・面の向き・場所
などに注目しましょう。

例えば相手の肘が伸びきってる体勢からは強いショットは打ちづらいですよね。

相手がそのような体勢になったら前につめて次を決めるということもできます。

相手がラケットヘッドを下げるようなフォームになったら、ヘアピンがくるかもしれませ
ん。

もちろん予測して前で叩いちゃいましょう。

相手のいる場所を見るというのも忘れないでくださいね。

こちらが相手後衛をコート隅まで動かすショットを打った場合、相手前衛ペアが反対側サイドコート
のカバーをしようと後ろに少し動き出しているときがあります。

そこを見て、カバーしようとしている方向と逆の前にショットを落とせば、相手は後ろの
カバーに気を取られているので、ノータッチで決まったりもしますよ。

このように相手の体勢・目線・フォーム・身体の向き・面の向き・場所などからより多く
の情報を得ようとすることが、相手が打つ瞬間に観察するコツになります。

自分が打つ瞬間に観察するコツ

自分が打つ瞬間には、あまり相手をじっくりとを見る余裕がありません。

そんな時にどのように相手を観察したらよいでしょうか。

自分が打つ瞬間には、相手の体勢をしっかりと見るのではなく、相手をぼんやりと捉える
ようにしましょう。

え?ちゃんと見ないの?と思われたかもしれませんが、自分が打つときには、まずはしっ
かりとシャトルを見ることが優先です。

相手をしっかりしようとするあまり、シャトルをちゃんと見ていなくてラケットに当たら
ないとか、ミスしてしまってては本末転倒ですよね(笑)

なので自分が打つときには、しっかりと目でシャトルを捉えながら、その後ろで相手をぼ
んやりと見えている状態が良いです。

周辺視野で相手を見るということが自分が打つ瞬間に相手を観察するコツになりますね。

最初は難しいかもしれませんが、慣れてくればぼんやりと相手が動いているのや、動きそ
うな動作が見えてくるようになってきます。

そうなれば、打つ瞬間(直前)で相手の動いている方向を見て、インパクトで相手の逆に
打ったり、相手が意識していないコースを見つけて打てるようになってきたりしますよ。

意識しないとなかなか身につけるのは難しいので、ぜひ意識しながら試合の戦術に活かし
てみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、『バドミントンで打つ瞬間に相手を見る必要はある?観察のコツを解説!』と題
しまして、バドミントンで打つ瞬間に相手を見ることの必要性相手を観察するコツにつ
いてお伝えさせていただきました。

まとめますと、バドミントンで打つ瞬間に相手を見ることの必要性は、より多くの情報を
入手することで予測が立てやすくなったり、相手の意識してないコースにショットを打て
るので試合を有利に運ぶ上で必要ということでした。

また、相手が打つ瞬間に観察するコツ
周辺視野で相手を見る

自分が打つ瞬間に観察するコツ
相手の体勢・目線・フォーム・身体の向き・面の向き・場所などからより多くの情報を得

ということがコツでした。

繰り返しになりますが、僕のような大学や社会人から始めたプレーヤーは、経験者との実
力差を埋めるためも、相手を見るといった戦術を身につけていくことが勝つためには重要
になってくるというのが僕の考えです。

ぜひ今回の記事を参考に、自分が勝ちたい経験者たちに勝てるよう僕と一緒に努力してい
きましょう!

それでは今回はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です