バドミントンのサイドバイサイド、トップアンドバックを解説!

ど~も、大学からバドミントンを始めた、後発組バドミントンプレーヤーのきたじ~(@kitaji_minton)です!

 

ダブルスといえば何と言ってもスピードの早いラリーが醍醐味ですよね。

 

あなたはダブルスのラリー中に相手の攻撃を防ぐサイドバイサイド、攻撃を行うトップアンドバックというフォーメーションがあるのはご存知でしょうか?

 

これを知らずにダブルスをしてしまうと、

  • ラリー中自分がコートのどこに居たらいいのか分からない…
  • 羽を打つときにパートナーと何度も重なってしまう…
  • 攻撃しているのになかなか決まらない…

 

ということが起きてしまいます。

 

極端に言ってしまうとどんなに強いパートナーがいたとしてもダブルスのフォーメーションを知らなければ試合に勝つことは難しくなるでしょう。

それほどダブルスにおけるフォーメーションは重要なのです。

 

まずはフォーメーションの基本であるサイドバイサイドやトップアンドバックを理解することで、今までよりダブルスでの立ち位置がわかるようになり、ダブルスがより楽しくなるでしょう。

 

そこで今回は『バドミントンのサイドバイサイド、トップアンドバックを解説!』と題しまして、バドミントンのフォーメーションについて詳しくお伝えしたいと思います。

 

誰でも簡単にできる内容で説明していきますので、ぜひ参考になるとうれしいです。

サイドバイサイドとは

『守り』のフォーメーションのことです。

相手から攻撃されている時にはサイドバイサイド、構えるポジションとしてはネットと平行にコートに横並びになります。2人のプレーヤーがそれぞれ右と左を受け持つような感じです

 

相手の攻撃に対して横に広く並ぶことでコート全体を守ることができます。

このサイドバイサイドの一番のメリットは、スマッシュなど横に移動しながらのレシーブが難しい早いショットへの対応ができることです。

羽を上げたらサイドバイサイドと覚えておきましょう。

 

相手の攻撃が途切れた時にすぐにこの後説明するトップアンドバックの攻撃体勢に移れるよう準備しておくとラリーを優位に進めることができます。

 

トップアンドバックとは

『攻め』のフォーメーションのことです。

自分達が攻撃する時にはトップアンドバック、構えるポジションとしてはネットと垂直に縦並びになります。

2人のプレーヤーが縦並びになるのが特徴で、前衛、後衛を作ることでより攻撃的に相手に攻めることができます。

 

ラリー中、後衛はスマッシュなどの攻撃をしながら相手のレシーブミスを誘い、リターンが甘い羽を前衛が攻撃してポイントを獲得するという流れが王道になります。

攻撃が主体となるダブルスにおいて、このトップアンドバックをいかに作るかが試合のカギになります。

 

ローテーションとは

パートナーと動きを合わせ、攻めや守りの状況によってフォーメーションを変えたりする動き方のことです。

 

トップアンドバックで後衛選手が攻撃している時や、サイドバイサイドで相手のスマッシュをドライブで返球した時、その選手は前衛に出ていくとよりローテーションがスムーズに行えます。

 

また、羽を打っていない選手は打っている選手の届かない場所に羽が来た際、カバーできるように準備をしておきましょう。

常にパートナーの位置を把握し、パートナーとはコート内で対角線にいるイメージです。

 

前衛と後衛のローテーションはスムーズに行う必要があります。

ローテーションの乱れがあっては、本来スマッシュが打てるはずなのにスマッシュが打てず、攻撃のチャンスを潰してしまうことになりかねません。もし、相手にロブを上げてしまうことになれば、せっかく攻撃をしているのに相手に攻撃のチャンスを与えてしまい、得点を重ねていくことは難しいです。

 

まとめ

今回は、『バドミントンのサイドバイサイド、トップアンドバックを解説!』と題しまして、バドミントンのダブルスにおける基本のフォーメーションについてお伝えさせていただきました。

 

守りの場面では、サイドバイサイド

攻めの場面では、トップアンドバック

 

この動きはラリーの時、何度も繰り返されるので、すぐに動けるようにしましょう。

また、守りのサイドバイサイドでいることが多くなれば、攻撃ができない分ポイントが取りにくくなっていきます。

相手からの攻撃を守りつつ反撃できるタイミングを狙って攻撃に転じていくことが試合で勝つことにつながります。

 

しっかりフォーメーションをマスターしてダブルスのスピードについていきましょう。

 

それでは今回はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ツイッターでもバドミントンに関するお役立ち情報をリアルタイムで発信していますので、バドミントン好きのそこのあなた、ぜひつながりましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です