アークセイバー7PROの口コミ・評価・特徴まとめ!どんな人におすすめなラケットか?

アークセイバー7pro

ど~も、大学からバドミントンを始めた、後発組バドミントンプレーヤーのきたじ~(@kitaji_minton)です!

 

バドミントンをする!となって、まず最初に購入をしなければならないのがラケットですよね。

ラケットにも色々な種類があって全て同じではないんですよ。種類によって、特徴もさまざま・・・だったりしちゃうんです。

 

今回はYONEXから2022年8月に発売された、精密なコントロール性が特徴のラケット「アークセイバー7PRO」の評価や特徴をご紹介したいと思います。

 

アークセイバー7PROの特徴

YONEXから発売されたアークセイバー7PROって何?どんな人向けのラケットなの?って思っちゃいますよね。

YONEX公式サイトを参考にさせていただきました!

https://www.yonex.co.jp/sp/badminton/news/2022/06/2206281000.html

 

アークセイバー7PROは、初心者向けというより、中・上級者向けに発売されてます。

精密狙える性能を向上させるために、最適なしなりとねじれ(トルク)を追求して、新設計を各所に採用されたモデルです!

 

ショットの威力を高めつつ、コースをしっかりと狙える精密なコントロール性を実現させたラケットなんです。

フレーム部分には新設計などを採用し、突き詰めた設計にすることでより球持ちと面安定性が向上し、狙いを定めた精度の高いショットを可能にしちゃったんです!

シャフトはこだわり抜いた設計によって、中・上級者に最適なしなりとトルク(ねじれ)を生んでくれて、コントロール性と飛び性能が高まりました。

ゴムのような大きな伸びと素早い戻り性能があるエラストマー素材を用いた「ポケッティングブースター」を中・上級者の打球ポイントに合わせ、効果の大きいフレームサイドに搭載することで、球持ちと球の出を向上させちゃいます。

 

中・上級者のスウィングに合わせた新設計で飛び性能やコントロール性が向上して、狙いを定めたコースへの

攻撃的なショットを可能にするバドミントンラケットなんです!

アークセイバー7PROの口コミ・評価

 実際購入するときって、やっぱり口コミとか、評価って気になりますよね。

 

そこで、僕が調べた限りの口コミなどまとめてみました!

  • アークセイバーシリーズを愛用してますが、7PROは今までのモデルで一番打ちやすく、ピッタリのラケットでした!
  • とにかく軽いです!ブンブン振り回せちゃいます。ただ、軽いので強い球を打つのはちょっと・・・難しいかも。
  • 3回使用したけど、1回目は「まぁまぁかな」って感じが2~3回目には打感もよく、振り回しが良く感じた!!

などでした。

評価は人それぞれの好みもすごく左右されちゃいますが、軽いのでパワー重視の男性よりもコントロール重視の女性の方が評価は高いみたいですよ。

アークセイバー7PROはどんな人におすすめなラケットか?

アークセイバー7PROは、スマッシュでバシバシ攻め込む!という方には物足りないかもしれません・・・が、レシーブ力を上げたい!という方にはピッタリですよ。

「しなり・ねじれやすい設計」をシャフト部分に搭載したのでスマッシュ力は軽減されちゃいますが、クリアやロブ等は簡単に飛ばせちゃいますので、パワー重視でダブルスでスマッシュを攻めていく!という方よりもコントロール重視でクリアやロブ、正確なショットを放ってレシーブを上達させたい!という方にオススメなラケットですね。

意外と試合で厄介な対戦相手はレシーブが固くてコントロールの良い選手だったりするので、そんな選手を目指す方には相性が良いでしょう。

まとめ

YONEXアークセイバー7PROは、中・上級者のスウィングに合わせた新設計で飛び性能やコントロール性が向上して、狙いを定めたコースへの攻撃的なショットを可能にするラケットです。

とても軽く、最適なしなりとトルクを追求し、コントロール性と飛び性能が高まりました。好みや、相性などもありますがどちらかというと、パワー重視の方は物足りなさを感じるかも・・・

パワーがなくてもコントロール重視の方にはピッタリなラケットだと感じました。

これからラケット購入を考えておられる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

そして楽しいバドミントンをしてくださいね!

 

それでは今回はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ツイッターでもバドミントンに関するお役立ち情報をリアルタイムで発信していますので、バドミントン好きのそこのあなた、ぜひつながりましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。