バドミントンのフォームを改善する方法とは?なぜ綺麗な方がいいの?

ど~も、きたじ~(@kitaji_minton)さんのブログで記事を書いてます、とーこと申します!

 

あなたのそのフォームは、本当に正しいですか?

 

気軽にバトミントンを始めた方に多いのが、見よう見まねで自分の打ちやすい姿勢で打っている人です。

 

自分の打ちやすいフォーム=正しいフォームとは限らないですよね。

 

また、何となく他の人と比べて自分のフォームは汚いのではないか、と感じている人もいるのではないでしょうか?

 

今回は、正しいフォームで打つことの重要性と、正しいフォームに治す改善策を深掘りです!

バドミントンのフォームはなぜ綺麗な方がいいのか?

正しいフォームで打つことの意味をまず理解して、フォームの知識を深めていきましょう。

ミスショットが減る

正しいフォームで打っていれば、ミスはしません。

 

最近ミスが多いと感じることや、練習を繰り返しているのにも関わらず、上達が感じられなければ

 

その時は自分のフォームを見直すチャンスです。

 

フォームをイチから勉強してみましょう。

 

フォームやストロークを少し見直すだけで、すべてのショットの精度や威力があがります。

 

フォームを気にしていても、ミスが多い人は、そのフォームが「正しい」のかを、今一度チェックしてみることです。

 

また、バトミントンは展開の速い競技のため、フォームも崩れやすくなります

 

目の前にシャトルがあると打つことに必死で、正しい形で打つことまで、気が回りませんよね。

 

どんなに焦っているときでも、確実にいい構えができるように、徹底的に自分の体にフォームを覚えさせるべきです。

 

また、いくら体にいいフォームを覚えこませても、シャトルに体が追いついてないことには、正しい構えができません。

 

正しいフォームで打つために、素早くシャトルの前に回り込む

 

フットワークの向上もしていく必要がありますね。

効率よく動くことができる

 

正しいフォームというのは、運動学にもとづいた、効率の良い運動のパターンになっています。

 

効率の良い動きをすることで得られるメリットがこちらです。

 

  • むだな筋肉を使わなくて済む

 

必要最低限の筋肉で精度のいいショットが打てるため、体力消費が低く、持久力が上がる。

 

  • 体に負荷がかかりにくい

 

バトミントンは手首を使って打つスポーツですが、手首を痛めにくいなど、余分な負荷がかかりにくいです。よって、ケガもしにくくなるでしょう。

 

体を動かすスポーツはケガもつきものですが、正しいフォームを学び、正しい体の使い方を覚えていきましょう。

 

バドミントンのフォームを改善する方法

正しいフォームを身につけるべき理由が分かりましたか?

 

フォームを正しくするだけで、いいことがたくさんありましたね!

 

それに気づいたあなたは、今度はフォームを正しくする方法を知りたくなったはず!

 

フォームを正しくするには、やはり「素振り」です!

 

試合となると、シャトルに追いつくことや、打つ場所をどこにしようとか、相手選手が次はどうくるのかなど、とにかく意識することがいっぱい!

 

正直、フォームどころではないですよね。

 

だから、ここで今一度「素振り」をしてみましょう。

 

素振りのメリットはとにかく、フォームだけに意識を集中できることです。

 

シャトルが飛んできたことを想像しながら

 

自分の腕をどう動かし、重心をどこにおき、左腕の位置をどうしたらいいのか。

 

自分の体の動きをひとつひとつ確認していくのです。

 

その時にコーチや先生に、見てもらえるとよりいいですね!

 

指摘をもらったところをとくに注意しながら、自分の体に正しいフォームが染み込むまで繰り返しましょう。

 

ただラケットを振っているだけでは、意味のない練習になってしまいます。

 

体の使い方や、シャトルを打つことを想像しながら練習しましょうね。

 

また、フォームは一度クセがつくと、治すのには時間がかかります。

 

これからバトミントンを始める方には、まずは正しいフォームを覚えることをおすすめします。

 

では、素振り練習の方法についてもご紹介していきましょう。

 

最初はゆっくりでいいので、正しいフォームを常に意識しながら、フォアハンドとバックハンドを同じ回数行います。

 

片方のみだと、体のバランスが崩れるので、両方行うといいですよ。

 

慣れてきたら、オーバーヘッドストロークなどの打ち方も追加していきましょう。

 

試合で使う打ち方は、徹底的に練習して体に覚えこみましょうね。

 

まとめ

バトミントンの選手でも、調子が悪いと思ったらまず見直すのは素振りとききます。

 

素振りは基本のキ、ですが

 

やはり基本って一番大事だということが分かりましたね。

 

テクニックを学ぶことや試合をすることも楽しいですが、ここは基本に立ち戻って私も素振り練習をしてみたいと思います。

 

地道な努力って大切ですね!

 

 

それでは今回はこの辺で!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

きたじ~さんのツイッターでもバドミントンに関するお役立ち情報をリアルタイムで発信 していますので、バドミントン好きのそこのあなた、ぜひつながりましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です