バドミントンのメンタルトレーニングで試合本番に強くなろう!

ど~も、きたじ~です!

バドミントンの練習では、そこそこ打てるようになってきたと思っていても、試合本番になると緊張してしまい、思うように力を発揮でずに負けてしまった・・・

そんな経験はありませんか?

僕も、「きたじ~も上手くなってきたからそろそろ大会出てみたら?」と周りに言われて初めて出たバドミントンの大会で、ガチガチになってしまい、アウトやネットなどのショットミスばっかりの失点であっという間に試合が終わってしまったことがあります。

そこで今回は、バドミントンの練習では打てるのに、試合本番になると打てなくなるという方のために、

「バドミントンのメンタルトレーニングで試合本番に強くなろう!」と題しまして、バドミントンにおけるメンタルトレーニングの重要性バドミントンの試合本番に強くなるメンタルトレーニングを紹介したいと思います。

バドミントンにおけるメンタルトレーニングの重要性

バドミントンに限らずですが、スポーツにおいてメンタルの強さというのは、試合本番で実力を発揮できるかどうかに大きくかかわってきます

仕事をしている時も、「失敗するかもしれない」と不安だったりネガティブな気持ちの時には、やはりその気持ちが仕事のミスに繋がったりするかと思います。

逆に「絶対成功する」とか「なんだかできそう」といったポジティブな感情や気持ちで仕事をこなしている人は、仕事でもどんどん成果を出していることが多いです。

バドミントンの試合においても、「ミスショットするかも」「相手上手そう。勝てるかぁ」と後ろ向きな気持になってしまうと、その気持ちがプレーにでてしまい、力を発揮できなくなってしまいます。

そうではなく、「良いショットを決めてやる!」「絶対勝ってやる!」といったポジティブな気持ちを持ちながら試合に臨むことで、その気持ちがあなたの試合でのパフォーマンスを向上させ、あなたの本来の実力を100%以上発揮させるのです。

この、ポジティブな気持ちを持っている状態こそが、メンタルが強い状態だと言えるでしょう。

そしてこのメンタルというのは、訓練によって強化することができるのです。

その訓練がメンタルトレーニングです。

例えあなたが現在バドミントンの試合で弱気だったり、試合に勝てなそうといったようにメンタルに不安を抱えていたとしても、メンタルトレーニングによってメンタルを強化し、練習通りのプレーをすることができるようになります。

どうせ試合に出るんだったら負けるより勝てた方が楽しいに決まってます。

メンタルが弱くて試合になかなか勝てず、バドミントンがつまらなくなってしまうというのはとても残念で悲しいことです。

あなたの本来の実力を発揮し、試合に勝てるようになり、バドミントンをさらに楽しいと思えるようになる

そのような状態を実現してくれるという意味で、メンタルトレーニングはとても重要になります。

バドミントンの試合本番に強くなるメンタルトレーニングを紹介!

さて、メンタルトレーニングの重要性が分かっていただけたかと思いますので、ここではバドミントンの試合本番に強くなるメンタルトレーニングを紹介させていただきます。

ミスしたら〇〇作戦

練習で試合をする時に、自分の中で「この試合でスマッシュを3回ミスったら腕立て100回」「もしもこの試合に負けたら相手にジュースをおごらなければならない」など、ペナルティを課してみてましょう。

自分で自分にプレッシャーを与えることができるので、緊張感を持って試合をすることができます。

この際、自分にとって嫌なペナルティを課せば課すほどトレーニング効果があるかと思います。

僕は、お笑いが大好きなのですが、「もしもこの試合に負けたらお気に入りのお笑いDVDコレクションのうちの1枚を友達にあげなければいけない」という、僕にとっては耐え難いペナルティを課すことで、自分に最大限のプレッシャーを与えて練習の試合に臨んでいた時期がありました。

やはりDVDを死守したい思いから、かなりの集中力でプレーができたので、メンタルをかなり鍛えることができました。

ペナルティを課した練習では1回しか負けませんでした。どれだけ集中したんでしょうね(笑)

このトレーニングで犠牲になった1枚のDVDのことは忘れません・・・

とにかく、嫌なことを回避するためには頑張れるという人は多いと思うので、このメンタルトレーニングはおすすめです。

このメンタルトレーニングを積み重ねることができれば、試合本番でも同じように強いメンタルで集中してプレーできるようになると思いますのでプレッシャーがかかってるのはしんどいかもしれませんが、頑張りましょう!

イメージトレーニングをしよう

イメージトレーニングはメンタルトレーニングのうちの1つです。

イメージトレーニングでは、相手がこのように動いたら自分はこう動くといったように、実際に自分が試合している状況を頭の中でイメージしながら行ってください。

この時、自分が試合で活躍している様子や、試合に勝った様子などポジティブな状況までイメージすることで自分のメンタルをポジティブな状態に保ちながら試合に臨むことができるようになります。

また、動画などで実業団やトップ選手の試合を見て、良い動きというのを取り入れて自分でもできるようにイメージするというのも良いイメージトレーニングになります。

男子のトップ選手のダブルスだと、反射神経やスピードが異次元すぎてとてもマネできないとうレベルの方は、女子のトップ選手の動画を見てイメージすることをおすすめします。

男子ダブルスよりは動きがゆっくりでラリーも続きやすいので動画を見てイメージしやすいですし、女性プレーヤーは筋肉に頼らないで身体全体を上手く使っているフォームの方が多いのでとても参考になると思いますよ。

イメージトレーニングで大切なのは、自分自身がコートに立っているイメージをすることです。

自分がプレーで活躍している姿を思い浮かべることで、試合本番でも同じようにプレーできるようになるので、寝る前などにぜひイメージトレーニングをやってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「バドミントンのメンタルトレーニングで試合本番に強くなろう!」と題しまして、バドミントンにおけるメンタルトレーニングの重要性バドミントンの試合本番に強くなるメンタルトレーニングを紹介させていただきました。

メンタルを鍛えることができれば、試合で緊張して実力が発揮できずに悔しい思いをするということが減っていくと思います。

試合で力を発揮できるようになって試合に勝てるようになればバドミントンがますます楽しくなるかと思います。

僕も試合で勝てるようになってきてからさらにバドミントン熱が上がったプレーヤーの1人なので(笑)

試合本番で実力を発揮できるようになるためにも、ぜひ意識してメンタルを鍛えていただきたいです。

それでは今回はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です