バドミントンの面白い練習・ちょっと変わった練習を紹介!

ど~も、大学からバドミントンを始めた、後発組バドミントンプレーヤーのきたじ~(@kitaji_minton)です!

 

今日も練習を頑張ります。

フットワークに素振りに基礎打ちに…もう飽きた!ほかの練習を用意せい!余は不満じゃ!!

ついつい取り乱してしまいました。

基本的な練習が大事なのはわかっているのですが、

ずっと繰り返していると飽きてきてモチベーションが低下しますよね。

 

今回はちょっとユニークな練習方法を紹介しますので、取り入れて気分転換してはいかがでしょうか。

 

バドミントンの面白い練習

まずはこちらの「ジャンピングスマッシュ養成ギブス」を付けていただいて…ということはないのでご安心してください。

面白い練習方法を紹介していきます。

 

鬼ごっこ

子どもの頃にやったことがあるかと思いますが、

鬼に追いかけられてタッチされたら次は自分が鬼になるゲームです。

それを全力で行います。

鬼になった人はあとで筋トレなどの罰ゲーム要素を取り入れると楽しいかもしれません。

本気で「ダッシュ&ストップ」を行うので足腰が強化されます。

 

シャトルの筒飛ばし

少し広い空間が必要になりますが、体育館の端から「シャトルが入っている筒」を投げます。

ハイクリアのフォームで行いましょう。

しっかり回転して、弓なりに飛べばOKです。

二人一組でキャッチボールのように行っても良いでしょう。

 

後出しじゃんけん

二人一組で行います。

片方がグー、チョキ、パーのうち好きな手を出し、もう片方がそれに勝つ手を出すというものです。

素早く行うことで、反応速度を高める訓練になります。

タイミングをみて「負ける手」に変更してみましょう。

こちらはやってみるとなかなか難しいのですが、体育館以外でも気軽にできるというメリットがあります。

 

 

バドミントンのちょっと変わった練習

次は冬の雪山に山ごもりを…ということはなく一風変わった練習方法を紹介します。

余談ですが昔のスポーツ漫画って山籠もり多いですよね。

ちょっと憧れたりもします。

 

鬼ごっこ(強化版)

先ほど紹介した鬼ごっこを改良したもので、

鬼も逃げる方もバドミントンのフットワークのみで移動します。

コート内に限定するなど範囲を狭めて少人数で行うと良いでしょう。

鬼がクロスステップ、逃げる側がバックステップという感じで行いましょう。

かなりきついですが、フットワーク効果に是非取り入れてみてください!

フリーノック+センタージャンプ

シングルスのコートで行います。

ノッカーが前後左右ランダムにシャトルを打っていき、打ち返す側は

毎回センターに戻って軽くジャンプをしてからシャトルを追うというものです。

センターに戻るクセ付けと、フットワーク強化に効果があります。

こちらも結構きついですが、その分自分の力になるのでトライしてみましょう。

 

壁打ち

テニスなどではよく行われるイメージですが、バドミントンでも有効な練習方法です。

シャトルを壁にぶつけ、

返ってきたシャトルをドライブで打ち返し続けましょう。

ただし、最近は壁打ちが禁止の体育館も増えているので注意が必要です。

 

まとめ

いかがでしょうか。

ユニークな練習方法を紹介しました。

やはりメリハリや変化がないと飽きてしまいますよね。

今回紹介した鬼ごっこなどは、

みんな本気になって楽しいのですが結構きついトレーニングです。

 

余は満足(もう走れない、無理)じゃ。

 

また、面白い練習方法とは少し違いますが、

コートを使えないときのトレーニングに水泳を取り入れるのがおすすめです。

関節などへの負担も少なく、まんべんなく筋肉を付けることができます。

 

楽しみながら練習できるように工夫していきましょう!

 

 

それでは今回はこの辺で! 最後まで読んでいただきありがとうございました!

ツイッターでもバドミントンに関するお役立ち情報をリアルタイムで発信していますので、

バドミントン好きのそこのあなた、ぜひつながりましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です